インプラントを取り入れることで自然な歯に見える

ティース

噛み合わせを改善する

病院

歯並びが悪い状態のまま放置し続けてしまうと、顔の歪みの原因になります。それ以外でも、体に悪い影響を与えてしまうのです。ものを食べる時は必ず歯を使って噛み砕きますが、歯と歯が正常な位置で噛みあわせていないと、顔の骨格がズレたり体のさまざまな所に影響を与えてしまいます。噛み合わせが悪いことで歯垢が付きやすくなり、虫歯になりやすい口内環境を作ってしまうのです。歯と歯が噛み合わさることで、汚れは取れていきますが、噛み合わせが悪いと接触部分が少なくなるので汚れが落ちにくくなり、どんどん蓄積されていってしまいます。また、正常とは違った位置で噛んでいることから、歯茎に刺激を与えてしまい歯周病になる可能性もあるのです。このように、噛み合わせが悪いことで体に負担をかけてしまいます。噛み合わせを改善するためには矯正歯科へ受診することが重要ですが、病院によって治療方法や治療に使う器具は異なるのです。練馬区の矯正歯科ではブラケット矯正やマウスピース矯正など、患者の症状によって合わせた治療を行なっています。練馬区の矯正歯科で行なうブラケット矯正は、ワイヤーを使った矯正方法で多くの矯正歯科で取り入れられている方法です。細かい歯の位置や形を整えられ、綺麗な歯並びにすることが可能になります。マウスピース矯正はワイヤーとは違って取り外しができることから、口内を清潔に保てるのです。練馬区の歯科で取り入れられている治療内容にはどちらもメリット、デメリットはありますが、患者にとって最適な方法で治療することが良いのです。噛み合わせを改善し、体に負担をかけたくないと考える人は練馬区の矯正歯科へ受診することで、悩みを解消させることが可能になります。